弁護士 悩み

悩み事は弁護士に相談ですっきりと解決ができる場合も

MENU

任意整理にはデメリットがあることを知っておく

支払いが苦しくなった借金の整理方法として用いられる任意整理は、各所でメリットばかりがピックアップされがちです。中には司法書士事務所のホームページでありながら任意整理のデメリットは小さく書かれているに留まり、メリットばかりを書いているところもあるほどです。

 

こういったところでは多くの借金はおまとめローンを利用して返済を進めるよりも、任意整理で借金を整理した方が良いとするようにされています。しかし、それはあくまで返済を考えた場合に限り、その他の生活に影響する部分を含めると必ずしも任意整理は手放しで受け入れられるものではないのです。

 

例えば任意整理を行うことによって生じる信用情報機関へのネガティブ情報の記載は、今後の生活に大きな影響を与えてしまいます。情報が消えるまではカードが作れないばかりか、信販系業者が保証会社となっている賃貸マンション契約にも悪影響が出る場合があります。

 

ただ、任意整理を考える段階で既に返済ができなくなって数ヶ月経っているなどの場合には、信用情報の面でデメリット無く任意整理が進められるようになります。長期間の返済遅れはその時点で信用情報機関にネガティブな情報が記録されている可能性があるので、そこで任意整理を行ったとしても変わりはありません。

 

もちろんデメリットは信用情報の面だけでないので慎重に決断をしなければなりませんが、信用情報機関へのネガティブ情報の記載がネックだと考えて任意整理のデメリットを気にしている方は、状況次第では既にデメリットを被っている可能性があるのです。