弁護士 悩み

悩み事は弁護士に相談ですっきりと解決ができる場合も

MENU

支払いに関する督促状が届いてしまった場合には

借金返済を長期に渡って行わないと、借り入れ先によっては督促状を送りつけてくる場合があります。催促状と見間違いそうになりますが、督促状は返済を促す催促状とは扱いが大きく異なるために注意が必要です。

 

まず、督促状が届いた場合には、そのままにしておくと裁判や差し押さえに発展する可能性があります。催促状の場合には無視をしたところで業者からの支払いを促す連絡が入るだけですが、督促状ではそうはいきません。督促状が届き、受け取ったにも関わらず何の行動も起こさないと大きな問題となってしまうのです。

 

督促状が届いた段階ですぐに行動を起こしておけば、差し押さえなどの強制執行は防げることがほとんどです。しかし、よく分からない、面倒だからとそのままにしてしまい、結局は差し押さえとなってから弁護士などに相談をしてももう遅いのです。

 

借金問題に強い弁護士でも差し押さえ後では対応ができない場合が多く、特に債務整理の手続きに特化している法律事務所の場合には、差し押さえ前なら何かとしっかりと対応をしてくれるものですが、差し押さえ後は対応外と明記しているところもあるほどです。

 

それぐらいに差し押さえとなると厄介な問題となるため、借金返済にかかる支払いの督促状が届いた場合には、時間をおかずにすぐにでも弁護士などに相談をするようにしましょう。